キッチンにおける水道工事事情

キッチンにおける水道工事事情 リフォームやリノベーションがトレンドです。どちらも規模の大小はあってもそれなりの工事が必要です。特に水回りの設備のリフォームは少なくありません。キッチンを新しいシステムキッチンに入れ替えたり、お風呂場を新しいユニットバスに変えたり、トイレを最新のウォシュレットにしたりとさまざまなものがあります。キッチンやお風呂、シャンプードレッサーなどの蛇口 交換のような簡単なものから設備全部を新調する大掛かりなものまでいろいろあります。それぞれデザインや機能、価格など相当数の種類があり選ぶだけでも楽しくもあり大変な作業かもしれません。ただ、どの工事においても水道がからむ水道工事のカテゴリーだということを認識し、業者選定など注意すべき点も少なくありません。

■キッチンの蛇口

キッチンを新調しようと考える理由はさまざまあるでしょう。使用頻度の高い蛇口に水漏れなどの不具合が起こり蛇口 交換する必要に迫られ、どうせならキッチン全部の交換を考える人も少なくありません。古い住宅の蛇口ではお湯と水の蛇口が別々になっている所があります。現在の主流は混合栓といってお湯と水をレバーで切り替えられる蛇口です。蛇口の形状もさまざまなものがあり、シャワーへ切り替え可能なものやヘッドがはずせてホースが長く伸ばせるものがあります。ヘッドが固定されていると蛇口の軌道範囲が固定され、シンクの隅々を洗い流すことができません。伸ばせるタイプであればシンクの隅々まで洗い流すことができ、シンクをきれいにするときにとても便利です。大きな鍋などを洗う際もヘッドをはずせば鍋を動かすことなくすすぐことが可能です。

■システムキッチンのトレンド
混合栓に変えるだけでも良いでしょうが、蛇口の使い勝手がよくなるとキッチンそのものの使い勝手も良くしたくなります。つまり、システムキッチンへの入れ替えです。現在のシステムキッチンには使い勝手を追求した最新の機能が満載です。伸び縮みするシャワーヘッドの蛇口以外にも、傷がつきにくいシンクや作業台のステンレス、ビルトインの食器洗浄機などもあります。コンロにおいてもIHとガスの両方があり、三口のコンロが主流です。グリルもオーブンと同等に使えるものなど料理の幅を大きく広げられる機能がいっぱいです。吊り戸棚においてもワンタッチで棚が下降してくれて踏み台要らずで収納できたりします。汚れやすい場所が考慮されていて水拭きだけで簡単に汚れが落ちる表面加工が施されているものなど使用者のニーズをたくさんかなえてくれてます。デザインや色調、そして雰囲気やテーマなど多くの選択肢があり展示場などへ見に行くととても楽しくなります。

■システムキッチンを選ぶ際の注意点

キッチンの新調は何度も行えるものではありません。経済的に余裕があれば別ですが、一生の内に何度も行う工事ではありません。その意味においてキッチンの選択を安易に考えてはいけません。まず考えることはキッチンの使用者です。誰が一番使うのか、使う人のニーズに合わせるのが重要です。その人の身長によってキッチンの高さを変えることも考えられます。低すぎる作業台は腰痛を引き起こす可能性がありますので適度な高さにあわせましょう。高齢の方の使用であれば、コンロはガスではなくIHを選択したほうが火事の危険性を下げられます。家族が多く洗い物が大変ならば食器洗浄機の導入も検討しましょう。使い方によっては食器洗浄機のほうが水道使用量が少なくなると言われています。最後に一番重要なのが工事業者の選定です。工事業者は水道局指定業者から選ぶようにしましょう。

■まとめ
キッチンにおける水道工事は蛇口交換からシステムキッチンの導入までさまざまですが、事を急ぐことなく情報収集をし使用者のニーズにあったものを選ぶようにしましょう。工事は指定業者へ発注することも忘れてはいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース